お墓以外のところで眠れます!納骨堂のイイトコロを紹介

納骨堂の利用方法

遺骨を持つ男性

「納骨」は、もともとはお墓が出来るまでの期間を過ごすために行われるものでしたが、現在の納骨堂はお墓の代わりとして使われています。納骨のタイミングで、埋葬の儀式が行われることもあります。

眠る場所について

灯籠

東京は土地代などの問題もあって、やはりお墓はなかなか手に入れられない状況にあります。そのため、お墓がないという人も多くなっており、そのような方々が納骨堂に目を向けている状況にあると言われているのです。また、お墓は値段も高く、公営のものは安いと言われているものの都営霊園などは抽選待ちになっていることがほとんどですから、やはりお墓よりも納骨堂を選びたいという人も増えています。さらに言えば、最終的にはお墓に入りたいものの、そこに空きが出るまでの時間は納骨堂に入っておきたいというケースも増えているのです。考え方は人それぞれでしょうが、東京の場合にはお墓に関してもこうした実情があることを覚えておきましょう。

納骨堂に関しては屋根がついているお墓としてとらえている人も多いと言われています。東京の納骨堂はお骨を納める個室スペースがありますが、そこは当然ながら屋内です。そのため、一般的な屋外にあるお墓よりも、このような屋根がある場所のほうがありがたいと考えて、納骨堂を選んでいる人も今は多くなっているのです。雨風にさらされながら、その後の日々を過ごすよりも、室内の環境の中で静かに眠りたいという人が多いわけです。こうした考えもその人によってケースバイケースとなりますが、たしかに空調のある東京都内の納骨堂でいつまでも安らげる空間に身を置くというのもひとつの考え方としては理解できるものですから、そうした視点でも考えてみましょう。

永代供養という方法

灯籠流し

納骨堂に埋葬されることは、永代供養で葬られることを意味します。決まった期間、お寺や霊園に供養をしてもらったあとで合同墓などに納められるというのが、一般的な永代供養です。

自分で探す納骨堂

線香

生前に自分の「その後」のことを決める終活が盛んな今、納骨堂の購入なども自分で行う人が増えています。さまざまなデザインのものが登場しているので、選ぶことが出来ます。